シミのできやすい肌質

お肌には肌質といって

いろんなタイプがあります

例えば、乾燥肌(カサカサ)・脂性肌(ギトギト)

シミができやすのは、乾燥肌の方ですね

そんな風に

ある程度予測ができる肌質もあります

ですが予測できない肌変化も起こります

それは、お肌は心の鏡体の鏡だからです

そんな心と体の状態も一緒に見ていくといいですよ

表面的なお悩みだけを考えるのではなく

内面的な原因からそのシミを考えてあげるのです

内面的な原因がわかれば

しっかり癒していってください

あとはお肌の表面の状態を整えるとシミはできません

乾燥していない状態や

脂でギトギトではないちょうどいい状態でいる必要があります

潤いのあるお肌です!

お肌は、内臓を守るという大事な役目があります

だから、新陳代謝を活発にして

常に元気なお肌の状態が保たれるようになっています

なのに、お肌が乾燥してしまう

乾燥を防ぐために

栄養を入れることだけではなく

乾燥の原因になっていることにも目を向けて

改善していかなければなりません。

今、多くの女性を悩ましている「乾燥」

その原因は、クレンジングにあると言われています

クレンジングは、ファンデーションという油汚れを取るためのもの!

ほとんどのクレンジングは

油は油で落とすというのが根本の考えなんですね

だからオイルクレンジング!クリームクレンジング!

では、その油は何で落とすのでしょうか?

よくお客様にお話しする例として

「油で落とすのがいいのなら

オーガニックでとても体にいい高級オリーブオイルがあるので

それでもいいかしら?」

想像しただけでも、脂を顔に塗ると

「ギトギトになって落ちないんじゃないかな・・・」

その通り!

だから、オイルクレンジングやクリームクレンジングには

その油を落とすために界面活性剤が入っています!

界面活性剤とは、簡単に言っちゃうと洗剤です!

わかりやすく言っちゃうと、「食器用洗剤のジョイ」です

「油汚れも~ジョイ♪」って感じですね

油は油で落とす考えはあってるのですが

お肌に界面活性剤を使うことが・・・・・(T_T)

でもそれが今の女性のお肌の乾燥肌につながっています

界面活性剤を使わないお化粧品をお勧めしています(泣)

そうしてできた乾燥肌は肌トラブルの原因になります

様々なトラブルも、乾燥以外の原因を持っているのですが

お肌が乾燥して免疫力がない状態だとトラブルになってしまうのです

ニキビ肌もアレルギーもそうです

そして、シミも乾燥しているとできやすいのです

とにかく肌質というより、今のお肌の状態をいい状態にしておくことが

シミ予防ケアとなります

そして肌質は、毎日のスキンケアによっても作られます

もともとは健康なお肌の方でも

界面活性剤の入ったお化粧品を長く使うと

乾燥肌になってしまいます

乾燥していない潤いのあるお肌というのは

自分自身の皮脂膜を保てている状態です

本来皮脂膜という、自分自身の水分と脂分が混ざり合ってできた膜(皮脂膜)
で潤いを持たせることで、肌表面の健康を維持するだけではなく

皮脂膜は、紫外線やウイルス、雑菌、ほこりなどからも守ってくれています

シミ予防のためだけではなく、健康のためにも

お肌を健やかに保っていきたいですね

美と健康は、どちらも大切です♡