サングラスがシミにいいの?

日焼けのシーズンになるとサングラスをかけることを

お勧めしまぁす(^^)/

 

せっかく日焼け止めやファンデーションなどの日焼け予防をされていても

目に紫外線が入っていけば、メラニン色素がお肌に増える!!
ってご存じですか?

目で紫外線量を測り、メラニン色素生成の指令が下るからです!!

 

シミの元になるメラニン色素は

紫外線がお肌の奥に入らないように(内臓を守るために)

紫外線をキャッチしてくれるという救世主なのです

 

だけどメラニン色素は

お役を果たした後が困りもの

 

子供のころは新陳代謝が活発だったので

メラニン色素がたくさん出て、肌の色が黒くなっても

冬になれば元に戻っていましたね

 

それはお役目を果たしたメラニン色素を

体外にデトックス(排出)したということ

 

大人になると新陳代謝が悪くなるから

メラニン色素がお肌に残ってしまう・・・

これを色素沈着といいます

 

色素がお肌に残る(沈着する)と

お肌細胞を作るお母さん細胞を真っ黒にしてしまいます

だから生まれてくる赤ちゃん細胞も真っ黒に!

 

これがシミのできるメカニズム

なので最初にもお話しましたが

とにかくメラニン色素は出てきてほしくない

 

もちろん肌の奥に紫外線が入っていくのは防がなきゃなので

紫外線予防対策は万全に!!

 

その一つに、サングラスがいるということです

 

せっかく紫外線対策を万全にしていても

サングラスをしていないと

目から入る紫外線が、メラニンをお肌に出させる指令を送ってしまうのですから!

 

最近は、白内障の予防にもサングラスをするように言われています

白内障は老化が原因なのですが

紫外線を浴びた分だけ老化が進むらしく

浴びない方が、白内障になるのが遅くなるということなのです

 

シミができるのも白内障になるのも

どっちもいやですよね

だからサングラス!

春から秋にかけての紫外線が強い季節は

美容の必須アイテムということです(^_^)/