メラノサイトとシミの関係知ってる?

メラノサイトとは、メラニンを作り出す色素細胞のことです

メラニンといえば、シミを作り出す悪者と思っていますよね?

 

でも実は、メラニンってお助け隊で

体にとって必要なヒーローなんです!!

 

メラノサイトは、紫外線がお肌の深部に入っていかないように

メラニンを生成します

生成されたメラニンは紫外線がお肌の深部の真皮層に

届かないように紫外線をキャッチしてくれる・ブロックしてくれるのです

 

真皮層とは、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンという弾力繊維でできています

その真皮層は、表皮(表面のお肌)の栄養分でもあります

なので、真皮層が紫外線で破壊されてしまうと

弾力(ハリ)がなくなるだけではなく

表面のお肌までも老化が進みます(>_<)

 

それは

ハリがなくなり、しわやたるみが増え

肌表面が老化して、シミができるということなのです

 

ですから、紫外線がお肌の深部に届くのを防いでくれるメラニンは

ヒーローでしかない!!

 

ただですね!

紫外線からお肌を守ったその後が問題なんです!

子供は、日焼けをして夏に真っ黒になっても

冬になるころには、元に戻っています

しかもシミもできない

 

でも大人は、日焼けをして真っ黒になると

なかなか元に戻らず、シミができはじめる

それは

メラニンが紫外線をキャッチするというお仕事を終えた後

「居残る」からです

 

子供の肌と大人の肌の違いは

新陳代謝のスピードと正確さ

お仕事の終わったメラニンを

デトックス(体外に除去)することまでが肝心なのです

 

子供の肌は、メラニンをしっかりデトックスできているだけ

大人の肌は、メラニンを居残りさせてしまう

居残りメラニンが、お肌の細胞を作るお母さん細胞を

真っ黒こげにしちゃうのです

 

真っ黒こげのお母さん細胞は、黒いシミ細胞を作ってしまうのです

それがシミの原因となる

 

シミを作らないためには

①生成されたヒーローであるはずのメラニンを居残りさせずにデトックスする

    →お肌の新陳代謝を高める・デトックス力を高める

②なるべくメラニンを生成しないようにメラノサイトを刺激しないようにする

    →紫外線予防

③居残りメラニンをお母さん細胞からはがす

    →美白成分導入

などなど、他にもできる事はありますが

おうちでできることですのでがんばってみてください♡

 

そしてまた、メラニンは紫外線以外にも反応して

生成さることをお見知りおき頂きたい!!!

 

紫外線からお肌を守るためのメラニン色素は

体にとっては免疫力でもあります

 

だからというか、仕方がないのですが

悲しいことに・・・

体の不調に対してもメラニンが生成されてしまうのです

本人(メラニン)はヒーローのつもりなんでしょうね。。。

 

例えば

ストレスが原因で肝機能が低下したり

老化が原因で女性ホルモンが減少したり不安定になったり

冷えや水分不足が原因で腎機能が低下したり

 

などなど、様々な体の不調がでてもメラニンは生成されます

それがお顔に現れるのです

 

お顔の皮膚には、メラノサイトが多く存在するので

シミが多くできるの仕方がないのです(T_T)

 

お顔にシミができることで

体の不調を表して、お知らせしていると思ってもいいと思います

 

最近はあまり言われませんが

以前はよく、口の中や周りにでき物ができると

「食べ過ぎよ!」などと言われたりしましたよね

 

シミだけではなく、お顔は心の鏡・体の鏡なのだと言えます

だからこそ、美肌を維持するためには健康も大切なのです

お肌のケアと同時に体のケアもそして心のケアも

考えていきましょうね♡