若いのにできる頬のシミって何?

ほおのシミにもいろんなものがあります

今日は若い人ができやすいというか

若いのにできちゃうシミについて

うちの娘にもほおにシミあったんです

小学5年生くらいから目の端の下あたりに

小さいシミがポツポツポツ

 

最近来られたお客様でも20代で

目の端の下にポツポツポツ

 

シミです

原因はきっと、ホルモンバランス

女性(女の子)特有の思春期のホルモンバランスの乱れ(不安定)

ホルモンバランスが乱れると

違和感を覚えた体が、守りたいと思う

その守りたいというのが免疫力であります

お肌にとっての免疫力は、まさしくメラニン色素の異常繁殖

このことについて書いたブログは→(メラノサイトとシミ)

んな訳で若くてもシミができることがあります

特にホルモンバランスの乱れからのシミが現れる部分は

頬の高いところ(目尻の下あたり)

色はそんなに濃くないのですが

ひとつではなく、ポツポツポツと

5個から10個程度の数で出てきます

 

特にキメの細かい色白肌で乾燥肌の方に出やすいです

それは、キメの細かい色白肌で乾燥肌の方が

ホルモンバランスが乱れやすいのではなくて

お肌が乾燥しているから

シミができやすかったという感じです

(ホルモンバランスの崩れは、色白でも色黒でもありますから)

 

若いからとお肌を乾燥させてしまうような

無防備なケアでは

後で後悔することになってしまいます

若くても

しっかりケアして

安定した潤いのあるお肌を維持すケアをしていく必要があります

お肌の状態とお肌のお悩みには

とても深い関係があることは

何度もブログに書いています

下記の健康なお肌の条件を満たしたお肌を

作ることが、シミ予防になりますから!

 

この「うなはだけ」を意識していきましょう

健康なお肌の条件「うなはだけ」

う・・うるおい(水分量)

な・・なめらかさ(キメ・皮脂量)

は・・ハリ(コラーゲン)

だ・・弾力(エラスチン)

け・・血色(血の巡り・マッサージ)

この5つを持ったお肌状態を維持することです

だからこそ無防備なケアではなく

正しいスキンケアを知ることが重要です

例えば乾燥させるようなクレンジング剤や洗顔料を使っていたり

水分量がしっかり補えていなかったり

皮脂の分泌が少ないからと、油分の多いクリームを使ったりすることで

余計にお肌の乾燥を招いてしまっている方がとても多いです

 

お肌が乾燥している方は

まず、スキンケア法が正しいのか

考える必要があります

 

乾燥させているとシミができやすくなりますでの

早く正しいスキンケアに変えた方がいいですね

お肌の状態やタイプにもよりますので

また詳しくはブログを書いていきたいと思います